Works

 

“Wandering”

 

“Yellow Rabbit”

「黄色いうさぎ」

 

“A happy rabbit living in desert which consists of seven colors of sands.”

「七色の砂粒が集まってできた砂漠に住む幸せの黄色いうさぎ」の曲

“Moon Cradle”

「月のゆりかご」

 

A forest owl sleeping on the moon cradle.

三日月のゆりかごの上で眠る森のフクロウ。

“Going Out”

「おでかけのうた」

 

“Walking on the Shore”

「海辺の散歩」

 

 

 

“Rondo of Stars”

 

This is a piano piece about twinkling stars in the night sky. It is as if stars are dancing in the sky.

 

星くずのロンド

夜空にたくさんの星がキラキラとまたたく姿が、 まるで踊りを踊っているかのように見えました。 そんなイメージのオリジナルの自作曲。

“Ionian Green”

This is a piece about when a scenery of Ionian ocean came up to my mind.

An image of blue sky, white buildings and ocean of emerald green.
This scenery mainly consists of these three colors.

However, the verge of each color is blurred and slightly merges each other, slightly divides each world.

I feel like I am spreading into the verge of this world.

I composed this piece when I was deeply relaxed.

 

『イオニアの碧』

イオニアの海をイメージして作曲しました。
青い空とエメラルドグリーンんの海と白い建物たち。
青と碧と白によるイメージ。
その3つの色は3つの世界。
それら3つの世界は明確に分断されているわけではなく、
ぼんやりとその境界線はあいまいになっていく。
その間に溶け込んでいくようなイメージ。
そんな世界に身をゆだねて心がほどけていくような感じ。
心地よさを感じたときに思い浮かびました。

 

 

“Halloween Suits -Prelude-”

This is a piece of Halloween.
The main key is minor and there are a lot of dissonant sounds
but is also rhythmical and burlesque atmosphere.

Even more for child.
Depiction of happy feeling rather than fear.

 

『ハロウィン組曲(序曲)』

ハロウィンをイメージして作曲した組曲の第一番。序曲です。
短調と不協和音がたくさんありますが、リズミカルでおどけた感じや、こどもっぽさを表現してみました。怖さよりも楽しい感覚で作りました。

 

 

 

  “House of Gentle Sunlight”

This is a piece about “Love and Family”.
Images of tranquil and peacefulness and intimate relationship of family member came up to my mind.

Nice and cozy house in nature.
In the house, someone always loughs.
Full of joy.

I imagined gentle sunlight streams in through a window.

Just ordinary days, no changes but that is what I mean the state of happiness and may be an ideal world.

In the real life, not all family members actually feel that they are having an ideal life style.
However, in any situation, it is good to have an peaceful state in each one’s mind.

This peace is also about “Peaceful world” but “love and family” is the small unit of that ideal state.

 

『こもれびの家』

この曲は「静けさと平穏に包まれた幸せな家族」をイメージして作曲しました。自然の恵みとともに暮らす小さな家は、いつも平和で喜びや笑いで溢れています。そこに優しいひだまりの光が、窓を通して家の中にゆっくりと注がれていく世界です。

平凡であながらも、変わらない幸福な日々を送れることが、ある意味で理想郷的な家です。現実では、すべての家族が理想通りの姿になれているとは限りませんが、どんな状況であれ、いつも自分の心の中に、揺らぐことの安心を置くことは大切です。「こもれびの家」は自分が思い描いた「安心の世界」というものをイメージ化して誕生しました。

 

 

 

“Town Circle”

This is a piece about town, people, energy, and lively atmosphere of life.
Also it depicts reactions and entanglement of many people there.

[words]
—————————————-
Bustle of the city.
Full of energy.

Morning,
Noon,
Afternoon,
Evening,
and Night.

All day.

Around the center of the town,
everything moves without a pause.

People,
Cars,
Things,
Animals,
Times,
Energy,
Emotion,
Feelings

Everything passed by…

There are a number of stories.
All stories crosses, lies on top, and in the end, passes.

Everything gathers around the center of the town.

There is everything in the town.
However, at the same time, there is nothing.

The town does not own them.

Everything moves, and everything in its right place.

 

『街のひろば』

この曲は、街の賑わっている感じや、
たくさんの人々が行きかう街の騒がしさをイメージしました。

 

街は喧噪
活気あふれる

早朝、午前、午後、夜

街の中心の周りは、絶え間なく動き、
人もモノも動物も時間もエネルギーも、感情や思いも、

何もかもが通り過ぎていく

たくさんのストーリーがあり、
すべてが重なり、交わったり、
あるいは通り過ぎるだけの存在として、
すべてが街のひろばに集まっている

すべては所有されることはなく
ただ、街のひろばを通り過ぎていくだけだけの存在

街のひろばにはすべてがあり、
また同時に、何もない

始めから終わりまで、街は何も所有しない

街のひろばに集まったそれらすべては、
やがて収まるべきところへ収まっていく

 

 

 

“Just an Ordinary Afternoon”

Nothing day
Nothing afternoon
Another ordinary day same as usual

It is good to do nothing
Feels so good to do nothing
Do nothing
How wonderful the ordinary afternoon

 

『なんでもないいつもの午後』

 

なにもない日
なにもない午後
いつもと変わらないひととき
なにもない時間が良い
なにもないが心地よい
なにもしないをすること
それってステキなこと

 

 

 

“Memories”

This is a piece about memories.
It came up to my mind and I composed.

 

[words]
——————————-
Memories for that day.
Memories for another day, and so on…

One scenery appears and then disappears.
Another scenery appears and suddenly disappears.
And so on…

Good memories.
Happy one.
Sad one.
Hard one.

Each memory transforms like bubbles.
Born, Connect, Entangle, Break,
and Disappear in to the void.

Feel each bubble shown in front of me.

That remains me of old time.
I feel nostalgic.
I sense of that time.

 

『メモリーズ』

 

あの思い出
この思い出
その思い出

思い出が1つ浮かんでは消え、
また別の思い出が浮かんでは消えていく

楽しかったこと
うれしかったこと
悲しかったこと
つらかったこと

すべての思い出は記憶の泡となって
生まれ、つながり、もつれ、割れて、
やがて闇に消える

目の前に現れる1つ1つを
改めて感じてみる

あのときの記憶
懐かしい感じ
再び呼び出された感覚

 

 

 

“Windy Hill”

『そよ風の丘』

 

丘の上をそよ風が吹く

時に私の行く方へ

時に私へ向かって

青空の下、風は自由気ままに吹き抜けていく

 

 

 

“Nocturn1”

『夜想曲第一番』

 

ブラームスへ思いをはせて。

夜は時間も感情もゆっくり移ろいで、

静かな闇に溶け込み、潜む。

ふと気が付くと、思い出たちが頭をよぎり、

またあるときは、感覚だけが研ぎ澄まされる。

そしてすべて、夜の闇に溶け込んでいく。

 

 

 

“A Dreamy Child”

『夢みるこども』

 

聖なる光に包まれて、こどもは眠る

安らぎの世界で無邪気に遊ぶ

そこにはすべてがある

すべてが完璧で尊い

聖なる光に包まれて、神の子は目覚める

 

 

 

“Christmas Suits -Prelude-“

『クリスマス組曲「序曲」』

 

 

 

“Christmas Suits III -Farewell-“

『クリスマス組曲第三「お別れ」』